マンション購入 決め手

更新日:2016/07/23



36歳独身の私ですが、思うところあってマンション購入を決意しました。最初は興味本位で対して購入する気もなく物件情報を見ていたのですが。不動産価格を調べてみると思っていたよりもずっと安く、このまま家賃を払い続けるよりは購入してしまったほうがいいかと購入を決意した次第です。

私がマンション購入でで最も重視したのは住みやすさです。転売のことを考えれば資産価値についても重要かなとは考えていたのですが、当初の購入目的である自分の住まいとの価値を重要視し、他人がどう思おうが自分が住みやすい物件であることを第一にマンションを選ぶことに決めました。結果的には最初にこの方針を決めてしまったことがマンション購入に好影響をもたらしました。マンション購入を決意したものの、物件情報をたくさん見ているとどの物件もよいものに思えてしまい、想像以上に心が揺れてしまうものです。そんな時でも最初に住み心地優先で選ぶ、という方針を再確認することでマンション選びの基準となる軸がはっきりしたものとなり、効率よく物件を選ぶことができました。

購入候補の中には資産価値が高くお買い得な物件もあったのですが、自分の住みやすさという点を考慮するとどうしてもイマイチにしか思えず、方針に従って購入を見送ることにしました。冷静になって考えてみると、お金のために住みやすさを犠牲にするというのは本末転倒です。資産価値を基準にして選んだマンションの購入を見送るというのは、長期的な生活の質を向上させるという点では正しい決断だったと思います。住みやすさにおいて重要だったのは、騒音対策です。マンション購入の何が一番問題なのかというと、隣や上下位の下位との関係だと思います。間取りや内装などは自分で後から手を加えることも可能ですが、近所の住民だけは自分ではどうすることもできません。せめて自分でできる対策は何か内科と考えた場合、騒音対策ということが浮かびました。

私が選んだマンションは、騒音対策がバッチリで近所の騒音に悩まされることも自分が騒音に気を使って生活する必要もありません。住んでみて改めで実感しましたが、騒音を気にしなくて良い生活というのは非常に精神的に安らげます。妥協せず騒音対策のしっかりしたマンションを購入したのは大正解だと実感しています。



自営業者の住宅ローンの審査の現実

以前にマンションを購入した時の話、なんの勉強もしないで住宅ローンを申し込んだのだが審査に通らなかったのである。理由は明確には教えてはもらえないが、いろいろ調べたところ私は自営業者で申告した年収が低かった為だと推測できる。本来なら収入はもっとあるのだが、節税のためとも言うのだろうか経費を増やし申告年収を抑えたものである。また、自営業になって日が浅いという点も住宅ローンが下りなかった理由の一つだったとも推測できる。私の場合、頭金を増やし希望融資額を下げたことで何とか審査も通り無事に希望の物件を購入することができた。

本来の理想の形としては、自営業者は直近二年間の申告年収が300万円を超えていないとなかな融資を受けるのが難しくなってくる。また希望金額が高ければ高いほど、申告年収や今後の安定性などが大切になってくるのだ。また、クレジットカードの使用状況も審査の通りやすさに影響を与えることがあるので注意が必要だ。分割やリボ払い分は完済しておいたほうがいい。また使ってなくてもキャッシング機能自体も解約しておいたほうが安心である。もしこの先、不動産を購入する機会があれば前回よりはスムーズにできる自信がある。



住宅ローンとはどのようなものか

住宅ローンは、宅地・建売住宅・分譲マンションなどの取得や住宅の新築・改築などの目的のために、その土地や家屋を担保として資金の融資を受けるローンのことです。大きく分けると公的ローンと民間ローンの2種類に分けることができるのですが、一般的に公的ローンの方が金利が低くなっていますし安心感も高いので、公的ローンを優先的に利用したいと希望する人が大勢います。

しかし、平成19年に公的ローンの中心的存在となっていた住宅金融公庫融資が廃止されたこともあって、民間ローンを利用する人の数が増加しています。公的ローンとしては、現在も年金融資が残っていますが、民間の金融機関が独自のローン商品を開発したり、お得なキャンペーンを実施して他の金融機関との差別化を積極的に図るようになってきましたので、現在ではかなり有利に利用できるようになってきています。

どの住宅ローンを利用するかによって、住宅取得後の返済計画が大きく変わってくることになるわけですが、利用するローンを選ぶ際に重要なポイントとなってくるのが金利のタイプです。金利タイプには、変動金利型、固定金利型、固定金利選択型の3種類があり、多くの民間金融機関は固定金利選択型を採用しています。変動金利型は政策金利の動きに合わせて金利が変動するタイプのものです。一方、固定金利型はローンを組む際に決められた金利がローン終了時まで維持されるというものです。どちらにもメリットデメリットがありますので、慎重に選ぶ必要があります。



住宅ローンの借り換えを検討する

マイホームを購入する人にとって、とても重要になってくるのが、住宅ローンというものになってきますよね。そして、多くの人の場合ですと、こうしたローンを組んでお金を借りた上で、夢のマイホームというものを手にすることになってきます。かなり多くの金額を借り入れることになってくるので、慎重に行動して借り入れを行う人が多いんです。

そして、多くの人の場合、一生のうちでこうした住宅ローンを組むのは一度きりという人が多いです。ですから、慎重に行動して借り入れ先を決めたとしても、素人判断で決めてしまう場合がありますので、その後によいローンが出てきたりするケースもあります。ということで、最近は、このような住宅ローンの借り換えを推奨している銀行等がとても多くなってきているんです。

そして、銀行等では土曜日や日曜日に無料でこうしたローンの説明会を開催したりしています。相談だけであれば無料となっていますから、まずは、借り換えについての相談をしてみるのもひとつの方法となってきますね。そして、今の借入と今後、借り換えをした場合の金額とを算出して、魅力的な借換えという結論に至った場合には、実際に乗り換えてしまえばよいのです。

金利だけでどの金融機関が一番良いかを一概に決めることができません。

http://www.coventrymortgageservices.co.uk/




住宅ローンの比較は鉄則ですね

自分自身の住まいを手に入れる事は、大半の方の憧れとなっていますね。マイホームの購入をする時に関しては、一度で支払いを済ませるのは比較的難しいのが現状です。故に、住宅ローンを利用して返済を進めていくのが一般的となりますよ。住宅ローンの融資条件については、各金融機関で異なるので、一つ一つを比較し検討を重ねた上で契約を交わす事が求められます。これが、利息の負担で大きな損失を生み出さない為の秘訣であるという事を認識しておく事が重要です。

融資条件やサービス内容に満足をしたら、店頭で申し込みを行って審査を受ける必要があります。審査に通過をして契約を結ぶ際には、身分証明書などの書類が必須となるので、前もって準備を整えておくのが理想的ですね。そうすれば、契約をスムーズに進める事ができ、貴重な時間の浪費を防げます。返済期間については長期化する傾向にあるので、生活費が不足しないような返済計画を作るのが鉄則です。そうすれば、資金面において困る事がなくなり、着実に借金を減らせます。責任を持って完済をする事が、債務者としてのマナーですよ。収入が極端に上がった場合については、繰り上げ返済をして借入期間を短くする事ができます。



リノベーション済み中古マンションという住宅の取得方法

リノベーション済み中古マンションというのは、非常に有利な住宅の取得方法と言うことができます。このような方法で、住宅を取得するというのは、非常に賢い選択と言うことができます。マンションというのは、外観については、管理会社によって管理される物であるため、きれいな状態を保たれるということができます。そのようなことを考えると、内装をきれいにリノベーションされた中古マンションというのは、価格の面で非常に有利に取得することができる住宅と言えます。

また、リノベーションされた住宅というのは、非常にきれいなものと言うことができますので、快適な生活を送ることができる方法と言えます。有利な価格で取得すると考えたときには、有利な選択と言えます。リノベーション済み中古マンションというのは、新築マンションと比較し非常に有利な価格でそれを取得することができるものです。マンションであれば、多少古いものであっても、十分長く住むことができますので、非常に有利な住宅の取得方法と言えます。

住宅というのは、非常に大きな金額を長期間かけて返済していくという買い方になりますので、少しでも安く手に入れると言うことを考えていくべきです。そのようなことができれば、住宅以外のものにお金をかけると言うことが可能になり豊かな生活を送ることができるようになると言うことができるでしょう。その方法として、中古マンションというのは、魅力的な選択肢といえます。きれいな住宅に安く住むということを考えたときには、このリノベーション済み住宅というのは、魅力的なものです。